--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004/06/24

ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」

五巻番外編で、千秋が指揮者を目指すきっかけになった曲ですね。
まさに運命の曲。

演奏時間が三十分前後とコンパクトながら、
「荒々しく扉を叩いてやって来た理不尽な運命と戦い、勝利する」というテーマを、
この上なく明快に表現した、わっかりやすい名曲。
(もっと複雑な解釈があるかもしれませんが、詳しくないので言及はしません。
すみません)
ベトベンは偉大です。千秋が「ベートーヴェンさま」なんて呼んじゃうのも頷けます。
交響曲を初めて聴く人には最適なんではないでしょうか。
私もコレから聴き始めました。

CDでは、カラヤン指揮・ベルリンフィル演奏のものを持っています。
が、CDもいいけどナマも聴きたいヨ!
というわけで、先日コンサートに行ってきましたよ。超ブラボー!ナマオケ最高!
ベルリン交響楽団のコンサートです。これから日本各地でツアーだそうですので
機会があれば是非、聴きに行ってみてください。
「運命」の他、千秋がSオケ・R☆Sオケで指揮した交響曲第3番「英雄」や第7番、
ドヴォルザークの「新世界より」なども演奏するようですよ。

「新世界」いいなぁ……。これもナマで聴きたいよー。

余談ですが、ベルリン交響楽団は過去にネギコの大好きアニメ「銀河英雄伝説」の
サントラに参加していたことが判明。うわぁ。運命!?(ええー?)

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。