--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/06/06

マガZクレオパトラ第2話

映画『ポセイドン』、あんまり興味なかったのですが
『オペラ座の怪人』でクリスティーヌを演じたエミー・ロッサムが出ると聞いて、
とたんに興味が湧いてきました。エミー超かわいい!
美少女大好きネギコです。こんばんは。

豪華客船つながりで今月のマガZデスヨ。
そういえばこれ、原作を読み返すたびに「あータイタニック観たい」と思ってしまうな。
タイタニック、4回も映画館に行ったんですが、ビデオは全然観てなくて
最近発売されたDVDもうっかりスルーしてしまいました。

そんなわけで強引に、ネタバレ感想スタートです。
クリックしてどうぞ。



扉絵にさとみちゃん。以前『創竜伝』文庫版の巻末対談でもありましたが、
垣野内さんはやっぱり大人の女性より少女(ひとまず外見は)の方が
描き易いんでしょうか。先月に引き続き大活躍でした。
マリちゃんとの食事シーンが可愛らしいです。ていうかマリちゃんも可愛い。
冒頭では女優・葵羅吏子を見て「警視のほうがダンゼンいけてますよねー」と発言して
涼子さんから「素直でイイ子ね」とお褒めのデコチューをもらい、
後のシーンでは由紀子さんに「あなたがいてくれるとホッとしますわ」と言われ、
美女にモテモテの貝塚さとみ嬢。どうするよ泉田!(どうもしません)

葵女史の姿勢の悪さに本気で驚愕しました。整骨院いきなよ!

アレですね、漫画版の涼子さんはラブエンジン全開デスネ。
気の進まない仕事に耐える由紀子さんを気遣う泉田に
「アタシ、アナタからそういう優しさ感じたことないけど」ですって。
ジェラシー炸裂!ティンカーベル!

今月一番の衝撃はコレ。
原作ではナイスミドルのクルージングディレクター町田氏が
癒し系メガネ美青年になっとる!ワホー!
ま、今回は乗客オッサンばっかりだしな。

そんなわけで、マジシャン殺人事件の事情聴取で
モリタんとこに突撃することになって次回へ続く。
さとみちゃんの快進撃はどこまで続くんでしょうか。わくわく。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。