--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/03

清盛第21話「保元の乱」感想ツイートログまとめ

保元の乱が熱すぎたんで、久々にツイッターログをまとめます。
ついにこの日が来てしまったんだなあ。天皇家・藤原摂関家・源氏・平氏すべての陣営が二派に分かれる、「清盛」前半戦の最初の山場ですね。この戦いのために、清盛と叔父忠正のわだかまりや、為義・義朝父子の亀裂のエピソードを丁寧に積み上げてきたわけなので、楽しみにしてた(と言うのも変ですが)のです。
さて、そういうわけで、毎度お馴染み9割がた源氏の話しかしない感想ツイートまとめです!



「保元物語」だったかな。父や弟たちと戦うことになった義朝が「今までの東国での争いは、いつ朝廷からお咎めを受けるかビクビクしてたけど、今回は帝の許しもあるから思いっきり戦えるぜ!」と言った、というエピソードがあります。「ヤダー源氏って血の気が多いわー怖いワー」という印象でしたが、ここまでの大河見てると印象変わりますね。
平氏サイドの話ですが、忠正の離反はそもそも、清盛の弟・頼盛の身代わりとなったという面があります。もともと父と亀裂が入り、一族が別れて戦う事態を想定していた源氏サイドとは異なり、平氏サイドには動揺があるんですね。清盛が、頼盛の反感や忠正の事情をどの程度察しているかは不明ですが、頼盛のためらいを見抜き、平氏陣営の士気に関わるとして、清盛は頼盛に待機を命じました。
このドラマでは上記の義朝の台詞はありませんでしたが、清盛の判断から、義朝の心情も少し見える気がしました。忠正のみが離反した平氏とは対照的に、源氏は義朝以外はほとんどが上皇方。義朝は、自分の郎党に対し、葛藤やためらいを決して見せてはいけない立場だったんですね。だからこそ、士気を高めるためにあえて「思いっきり戦えるぜ!」だったのではないかと思います。まあ大河は保元物語をベースにしてるわけではないけど、事情はそんな変わらないわけだから、そういうことかなーという想像でした。

さて本編。天皇方・上皇方それぞれで軍議が始まります。軍議をリードするのは、天皇方は義朝、上皇方は為朝と源氏兄弟。ともに夜討ちを献策する場面もよかったし、それに対し、信西と頼長が、ともに孫子の言葉を引用するんだけど、解釈の違いから夜討ちの採用・不採用が分かれる場面すごかった!よかった!!

義朝が「死んでから恩賞を受けてから何になりましょう。今すぐ昇殿をお許し頂きたい」と言ったり、積極的に夜討ちを提言して戦の主導権を握りたがるのは、少しでも多くの手柄を立てることで、恩賞もだけど、乱後の父・弟たちの助命を狙ってのことだと思ってる(あくまでこの大河の話な!)
で、信西もそれを見抜いているんだけど、信西はあくまで「自分の理想の世」を作りたいのであって、それは清盛の「武士の世」とイコールではないから、少しでも武士の勢力を削ぎたい。というわけで、助命嘆願とか聞かないことにしてる。てなわけで師光の「あれでは少しばかり下野守(義朝)が気の毒にございます」につながるのかな。
宋の政治が信西の理想で、その宋との貿易の実績のある平氏はともかく、源氏は信西にとってあんまり旨味ないもんねー。しかしまあ、源氏も平氏もよう煽っておいででしたな信西殿。踊らされる武士たち。

そういえば長田出てきましたね長田!!ギリィ!!早くも平治への伏線が……!!保元から平治まで3年しかないのを考えると、肉親の犠牲と引き換えに掴んだ義朝の栄光が短すぎて儚い……それより正清いつの間に結婚してたんだ(そっちが重要)

夜討ち直前に後白河が「これからは武士の世が来るよ!ガンバ!」って言ったのは、武士たちの奮戦を利用して、上皇方がこもる白河北殿もろとも、白河院の呪縛を徹底的に消し去ろうとした、ということかな。
父・鳥羽院、兄・崇徳院を生涯縛り続けた(崇徳院は現役拘束中)「もののけ」の呪縛を破壊し、「白河院」の世ではなく「後白河天皇の世」を築くことが後白河の狙い。それは、清盛や信西の理想ともまた違う。このあたりも、平治の乱とその先の時代への伏線になるんだろうな。かーらーのー終盤の白河北殿炎上、につながる流れはゾクゾクしました。

ちょっと順番が前後しましたが、そういうわけでさっそく敵(弟・頼賢)と対峙する義朝。頼、「父に逆らう親不孝者がー!源氏の面汚しとはそなたのことじゃー!」ってdisられるのを涼しい顔で受け流しながら弓をつがえて頼賢の後ろの武士を素早く射る、という場面も大変ゾクゾクしました。

そして合間にはさまれる義朝の妻たちの場面がよかった。由良が常盤の純粋さを、羨むではなく(ちょっとは羨んでると思うけど)慈しむような感じが素敵だったなあ。実際、義朝と常盤の関係は何年も続いていて、しかも義朝は隠してはいなかったわけだから、由良にとっては今更嫉妬するようなことではないのかもしれない。
あと、高貴な出自の由良自身も、おそらく父に複数の妻がいる環境で育ってきたということもあるかな。でも、常盤が純粋で可愛らしいと本心で思っているからこそ、常盤を憎めないのは辛いかもなあ、とも思った。あの場面の由良たんの演技、そういう複雑さがあってよかった。今週も美しかった。
一方常盤は、由良の立ち居振る舞いに、「武家の妻」のあるべき姿を見て打ちのめされてるんだよなあ。常盤にとっても、由良に優しくされるのは心苦しいし辛いのかも。そんなことを思った義朝家シーン。
しかし、正室・側室・主従と様々なシチュエーションで萌えを提供してくれる歴史劇は素晴らしいですな(*´∀`)

ところで、撮影現場では為朝さんはガンダムと呼ばれているらしいですが、ツイッターで「銀英伝のオフレッサーにそっくりじゃね?」と言われてるのを見かけてすごく納得しましたw確かに……!その昔(というほど昔でもないけど)義朝が関東で蛮族と化していた頃に「すっかり野獣になって……」と思ったものでしたが、今のオフレッサー為朝に比べたら全然文明人でした。良かったのか悪かったのかw
為朝さん琉球王になった伝説があって、でもまあ海流に逆らって伊豆から琉球に漂着するなんて無理だよネーというとこらしいのですが、大河の為朝さんなら来そうだよね!琉球まで!為朝琉球編スピンオフ来てもいいんだぜ!椿説弓張月!(もちろん義朝関東編スピンオフも熱烈に希望したい)
で、そういえばこの保元の乱の構図、銀英伝2巻のラインハルト軍と貴族連合軍の内戦に似てるなーと思いました。特に、軍議の場面では堂々としていた頼長が、終盤で実際の戦の有様を目にして取り乱すあたり、銀英伝2巻の内戦の貴族連合軍みたいだなーと思った。……ハッ!?ラインハルト様が清盛……!?
さて、オフレッサー為朝に平氏の伊藤兄弟が挑んで、弟があえなく撃墜されてしまったのちは源氏の鎌田正清が為朝に挑みます!やめて!人体を貫通する矢だよ!ダリューン超えてるよ!ほら刺さった!通清に!!嘘だろ……!!もうこれ以上父子エピソードで泣かせに来んのやめてよ……!!そうでなくても保元の乱終わったら為義・義朝父子のアレなんだから!!
瀕死の重傷を負いつつ、通清は為義の元に戻り、戦況(義朝・頼賢・為朝ら息子たちの勇猛な戦いぶり)を伝えて息絶えます。おいこれ為義はもしかして、通清を射たのは義朝の軍勢だと思ってないか……やるせないな……実際には味方の為朝なわけで、どっちにしろやるせないが……。通清が伝えた息子たちの戦いぶりにしても、結局兄弟同士が全力で殺し合ってることになるわけだしな……。
道清を看取った為義は、ついに義朝との直接対決へ。がむしゃらに斬りかかる為義に対し、義朝が、剣を抜きはするものの、父の剣を受け止めるにとどまり、自ら斬りかかることはしなかった、という演出が素晴らしかったです。
そういえば、義朝が義賢から友切を奪ったあと、為義が義朝の屋敷に乗り込んできた回で、掴みかかる為義を義朝が軽くあしらう、という場面がありました。あの場面では、父子の決裂とともに、父の「老い」の印象が強く描かれていて、より切なくなったものでしたが、とにかく義朝と為義の力の差は今はもう明らかなのですね。それでも、父に決定的に刃を向けられない義朝のためらいが感じられて、今回も切なかったです……。

戦局を打破するために、義朝は火攻めを提案。信西が策を採用し、白河北殿が炎に包まれます。そこに立ち尽くし、白河院に会った少年の日のことを回想する清盛、という場面よかった。清盛をも縛り続けた呪縛もまた、今回で決着ということになるかな。「平氏の血をひかぬ平氏の棟梁」という言葉も、今後は少なくなったり……しねーな(頼盛のこと忘れてた……相当恨まれとるで清盛……)

この大河における源氏(特に義朝など為義の子世代)って、「武勇でのし上がること」以外の選択肢を全く排除してて、東国の義朝・西国の為朝と、それぞれそれなりに成功しているけれど、この時代を境目に、そのやり方が通用しなくなるんだなあ。
鍛えあげられた刀のように、ただ強ければ良かった時代が終わり、否応なく政治に翻弄されるけれども、中途半端に政治にかかわったばかりに刀としての強ささえ失い、ついに滅びるんだ……ほんと司馬新選組みたいだ源氏……だいすき……(「燃えよ剣」の土方を思い出しながら)

司馬新選組を重ねたり銀英伝2巻を重ねたり忙しい回でしたが、ともかく保元の乱はこれにて終了、と思ったら次回さらなる悲劇が……!
というわけで、長々と読んでいただきありがとうございましたー。ではまた!


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。