--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/01

清盛第20話「前夜の決断」感想ログ

保元の乱直前の展開が熱すぎたんで、久々にログをまとめてみました。
ストーリーの時系列には沿っていませんが、よろしければどうぞ!

もう源氏がね!源氏が!!(以下これしか言ってないネタバレ)


うわあああん正清ー!!よかったよ戻ってきたよ正清ォー!!!!義朝さまのリアクションうすうす予想してたけど、驚きの表情→ほっとした顔をしそうなのを必死に押し隠して「……遅いではないか。あるじに恥をかかすでない」、のこのツンデレの極致素晴らしすぎる……!!
源氏父子二代にわたる主従劇が素晴らしすぎて……本当に……!通清が正清を行かせる前、わざと義朝を罵倒するくだりも良かった。あと、あえて二人きりにする為義父さんな……父子の情が消え去ったわけではないのだね……

あと、常盤たんが「身内と戦うなんて、本当にいいのですか?」と尋ねる一方、由良が「今こそ殿の本懐を遂げるとき。存分にお働きくださいませ」と友切を差し出し、義朝が受け取って力強く握りしめる場面も凄く良かった!
この数話、義朝と由良の交流は全くないかのようだったけど、由良は義朝の葛藤をよく知っていて、義朝は「由良がわかってくれている」ということをちゃんと知ってる、という二人の信頼関係(義朝の由良に対する甘えとも取れるけど)が見えて、とてもグッと来た。友切を差し出す由良たん美しいよ由良たん
義朝・由良・常盤の出陣準備の場面、全員が素晴らしかったな。覚悟を決めてはいるけど、常盤の言葉に揺らぐ義朝、それを立て直す由良、心を決める義朝、そして義朝と由良のやりとりに、自分との立場の違いを思う常盤。くっそ何だこの素晴らしいドラマ!
ちなみに、常盤の避難した館は、義朝が用意した「洛外の館」なわけで、事前に由良や頼朝を避難させている義朝は決して「一家の父」としての役割を放棄して常盤たんとイチャイチャだけしていたわけではないのだ!(机ダンッ)

義朝さまの戦装束凛々しいよ義朝さま……!!清盛の黒を基調にした鎧姿もカッコいい(*´∀`)
ところで、この出陣準備の場面で、義朝が巻いている鉢巻き(?)ですが、常盤・由良との場面では真新しい鉢巻きだったのです。が、正清帰参の場面ではボロ巻きになってる。雅清がまいているのもボロ巻き。これ、正清とともに戦った東国時代のものではないか、という意見を見かけました。な……何と言うことだ!何と言うことだ!!正清がいないの、そんなに心細かったのか!!妻にも知られたくないぐらい心細かったのか!!かわいい!!

それにしても、第2話で登場以来、豪快から繊細まで、こんなに多彩なたまきの演技見られるなんて嬉しい……NHKありがとう……義朝役たまきに振ってくれて本当にありがとう……!!

さて、清盛パート。出だしの「恩賞を釣り上げて平氏の力を高く売るぜ!」な賢い清盛かっこいいけど、先週までが「鳥羽院・崇徳院父子を仲良くさせるぜ」っていう理想家清盛だったので、ちょっと変化が急激すぎるようにも感じたかな。前回の信西の脅しが効いているのかもしれない。
そして、旗色を明らかにしない清盛を直々に呼び出す後白河。この二人の対話場面よかった!これまでの対話(第9話→第18話)も踏まえて、清盛には後白河の意図がわかる、というのがね、いいですね……!(しかし他の平氏一門には伝わらない) それにしてもこのドラマ、ツンデレ多すぎである。

そんなツンデレ大河の真打が忠正おじさんですよね……!こう来たか!!正真正銘の平氏の子で、まだ若い頼盛に「棟梁を裏切った」という汚名を背負わせないために、という決断が重い。最後の弓の手入れをしながら不敵に笑う→苦しそうな表情、のコンボああああああ叔父上ぇえええあああああ!!
数年前から内紛をジワジワやってきた源氏と違って、清盛にとってこの時期の分裂は痛いだろうなあ……が、頑張って清盛たん!!
それにしても、母・宗子さんの「忠正殿、かたじけない」っていう台詞は深いな……。清盛の「平氏は生きるも死ぬも諸共」という理想は美しいけれど、その理想を実現させるためには、父・忠盛のような強力なリーダーシップと政治力がなければならない。清盛が同じことをするには、状況が急展開すぎるんですね。理想を追って、結果的に一族が皆滅んでしまっては、忠盛の望んだ「武士の世」は来ない。それを見越しての選択であることも、宗子さんは知ってたわけだ。底知れない女性だなあ。

ところで、忠正が頼盛に「勝っても、棟梁を裏切ったと言う汚名がついて回るぞ」っていう場面、保元後の義朝の扱いが想像できて辛いな……

そういえば清盛・盛国が義朝の話題を出す場面なんですが、盛国の「まこと、強きお方と存じまする」っていう台詞の、その「強さ」の重みを清盛は噛みしめることになったわけですな……。乱の後、朝廷で「ヲヤノクビ切ツ」と罵られる(であろう)義朝の味方になって欲しい……
まあ保元の乱からわずか三年で「みんなー!平治の乱がはっじまっるよー!!」なんだけどね

その他(端的に)
・西行は崇徳さんのことをもっと気にかけてやるべき
・濡れて乱れ髪+狂気の眼差しの頼長さんヤバすぎる。崇徳さん台詞なくても心の動きが十分伝わってくるな!
・得子さまが義朝のことを「下野守」って呼ぶのいいね(*´∀`)今の信西の表情も意味深ですなあ。しかし武者装束の義朝さま超しゅてき……!(何回でも言う)
・ゴッシーが視線ひとつで人払いをするとこ、いかにもやんごとなきお方って感じでしゅてき

というわけで、次はいよいよ保元の乱本番!!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。