--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/05/20

【保元の乱】主要人物リスト(1)後白河陣営(年齢は1156年時点の満年齢)

大河ドラマ「平清盛」いよいよ保元の乱がはっじまるよー!みんなも見ようぜ!

というわけで、ちょっとこれまでの流れを簡単にまとめてみようという記事です。あくまで大河ドラマの物語に沿っての人物紹介なので、史実とは少し違うかもしれませんが、ご了承ください。詳しくはNHKの公式サイトにて!あっちの方がはるかにわかりやすいです!!
単に「大河大好き!面白いよ!今からでもみんな見ようぜ!!」と言いたいだけの記事です。すみません!

【保元の乱】主要人物リスト(1)後白河陣営(年齢は1156年時点の満年齢)

※第20話時点の記事です

平清盛(松山ケンイチ)
主人公。38歳。平氏の棟梁になった。
ドラマの中では、白河院(後白河天皇の曽祖父)の落胤で、長く「平氏の子ではない」という出自コンプレックスを引きずっていたが、育ての父・忠盛や母・宗子と、葛藤を超えて真の家族関係を築いた。ので、鳥羽院・崇徳院父子の亀裂を修復したいと思っていたものの、理想と現実が折り合わず断念。鳥羽院が後継に指名した後白河天皇のもとで、崇徳院と戦うことで、一門を守り、父忠盛が目指した武士の世を作ることを目指すが、叔父・忠正の離反で大ダメージ。

源義朝(玉木宏)
源氏の棟梁・源為義の長男。33歳。清盛とは少年時代からのケンカ友達。
少年時代は清盛よりも武士の子らしい凛々しさがあったが、十代で関東に下り、独自の強力な基盤を築いた際、だいぶ蛮族に成り下がった。都に戻ってからは、自分を十年間思い続けてきた由良姫にひどいプロポーズをするなど、俺様値をあげまくった。が、父親に「お前は強くなりすぎた」と廃嫡された。
父の命を受けた弟が自分のシマを荒らそうとしたので息子にぶっ殺させたり、健気な正室・由良を差し置いて常盤御前とのラブラブぶりをアピールするなど、視聴者からの支持を急落させる時期もあったが、父との葛藤、側近・正清の離反と帰陣で見せた繊細な表情の変化で再浮上。一門の大多数を敵に回す保元の乱の悲劇に向けて期待が高まっている。私の。

後白河天皇(松田将太)
鳥羽院の四男。29歳。
皇位継承順位が低かったため、政治的に注目が低く、また両親からもあまりかえりみられてこなかった。博打と今様狂い(歌が超うまい)の日々を送っていたが、長兄・崇徳院と対立する義母・美福門院(得子/なりこ)や、乳父・信西の策により即位。
即位の宴で、鳥羽院が崇徳院ばかりを気に掛け、「即位は取りやめじゃ」と言ったことから、曽祖父・白河院由来の「もののけの血」を覚醒させ、鳥羽院をストレスで病気に追い込むなど、今後も更なるもののけ化が期待される。清盛を味方に引き入れることに成功。大河清盛界のスーパーアイドル。

美福門院(得子/なりこ)(松雪泰子)
鳥羽院の女御。39歳。
中流貴族出身ながら、鳥羽院の寵を得た。待賢門院(璋子/たまこ)に敵対心を燃やし、その子・崇徳帝を退位に追い込み、左大臣・藤原頼長を策謀で陥れるなど、ファイティングスピリッツの塊。第18話で、崇徳院勢力を再び即位から退けた。
第18話で崇徳帝を退けて即位させた我が子・近衛帝が病死し、第19話では夫・鳥羽院を失った。が、保元の乱に向けてますます暗躍する……かもしれない。

信西(阿部サダヲ)
後白河天皇の乳父。50歳。宋の政治体制を理想とし、政治改革に燃えている。
初期は理想家な面が強調されていたが、一方で、即位は絶望的とみられていた雅仁親王(後白河)の乳父となるなど、野心的な一面も垣間見せていた。出家してからのほうが手段を選ばなくなってきており、朝廷の中枢に食い込んできている。
初期の名台詞:「だれでもよーい!だれでもよいゆえ、助けてくれー!」(初登場:清盛が掘った落とし穴の中から)「なんでもよーい!なんでもよいゆえ、食わせてくれ……」(第5話:平氏の海賊討伐軍の荷駄の中から)

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。