--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/03/25

清盛第九話「ふたりのはみだし者」ツイッター感想ログまとめ

ツイッターログをざっくりまとめる第九話。
今回で主要級人物はほぼ出そろったことになるんでしょうか。雅仁親王(のちの後白河法皇)登場です。みずら髪(っていうんだっけ)似合うなあ。赤い着物も鮮やかで素敵でした。

清盛たんパパになったーおめでと!少しずつ大人びたふるまいを身につけてきてるようで良いと思います。あとはそろそろ顔を洗ったらいいと思うよ!あと盛国より服がだるんだるんなのもどうかと思うよ!
しかし、いつもしっかりしてる盛国もお祝いで珍しくへべれけ。ずるい!ついったでもぴくしぶでもぶっちぎりの人気なのに、この上酒乱属性なんてずるい!あざとい!(盛国の人気に嫉妬)
清盛が家盛と酒を酌み交わす場面良かったなー。しかし先週あたりから家盛の破滅フラグがじわっじわ見えてきてるので切ない……

さて源氏パート!(私の中でメイン) 木のぼり始める前のエピソードがカットされてたの残念だなー。しかし義朝に対して正清が「落ちるときはもろともにござります」って言うのすげえ切ない……本当に死ぬまで一緒なんですよ……
しかしようやく黄金伝説から脱出できそうな感じでよかったね義朝!来週の予告では少し小奇麗になってどっか討ち入ってたし!DAFでちょっと見た義朝さまの殺陣が見られるよーヤッホイ!ちゃっかり長男次男も授かってるよ!一方由良たんは十年も待ちぼうけだよ!(かわいそう……)

さーて真のメイン朝廷パートですよ!雅仁親王いい味出してましたなあ。ちょっと年表調べましたが、2話~3話くらいの清盛と同じ年頃ですね。双六の直前の場面、清盛には「昔の自分」のように映ったんじゃないかな。清盛あまり変わってないと思ったけど、雅仁親王と比べるとやはり大人でした。少しずつ成長してきてるんですね。
まあ実際そう甘っちょろいんでもなかったですけどね雅仁親王!新もののけポジションですよ!清盛に対して「いずれうずくぞ、もののけの血が」と言った場面は、後に権勢を極めた清盛が次第に変貌することの示唆かなーと思ったり。風林火山の晴信の暗黒パートみたいな。
おそらく従来の「清盛=権勢の亡者」という一般イメージを覆していくドラマだとも思うんだけど、「清盛が年齢を重ねていくにつれて変貌していく」という可能性もありそうだと思っている。第1話冒頭で純情青年だった鳥羽院があんなにも鮮やかにダークサイドに落ちてるし、油断は禁物ですよ!

そのまえに保元の乱で義朝がダークサイドに落ちるだろうけどね!(期待のまなざし)

さて再び朝廷パート。なりこさまについに男児が授かり、宴の場面。突然始まる朝廷大暴露大会。あれ庭にいる人たちいたたまれなかっただろうなあw なりこさまが鮮やかに自爆してしまっていてお気の毒だった……たまこさまもあれだけど、鳥羽院もたまこさまがいかに大好きなのかをなりこさまの前でしみじみと語ってしまうあたり、かなりひどい(高貴な人らしいとも言える)。鳥羽院の寵愛を受けていても、自分が鳥羽院の心を占めることはない、という絶望がなりこさまを権勢へ駆り立てていくことになるのでしょうか。

そして今週も孤独を深める崇徳帝。「子をなせぬ女へのご寵愛など……」って中宮が拒む場面、可哀想でしかたない。父親に疎まれ(その結果を招いた母親のことをおそらく憎み)、子供がおらず、それを苦にした妻に拒まれ、縋りついた義清は散り(次回サブタイトル)、彼もまたもののけと化す……のかな。

というわけで次回は第十回「義清散る」。ではまたー。


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。