--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/03/24

清盛第7話「光らない君」ツイッター感想ログまとめ

ツイッターでダラダラ呟いたログを話の展開に合わせて並べ替える簡易仕様も第7話となりました。「光らない君」ってタイトルいいですね(*´∀`) ライバル源氏方の未来の嫁の登場に先を越されましたが、清盛の嫁も登場です。

アバンはちょっとダイジェストすぎなかった?鱸丸が盛国になるエピソードとか、もう少しじっくり見たかったな。前回の海賊退治が長すぎたのかしら。というか、エピソードで清盛とのかかわりが深く触れられることもなく盛康さんが退場してしまった印象で、ちょっと残念です。

まずは将来の妻となる時子が登場。「源氏物語」の源氏と若紫の出会いの部分を読み、うっとりする時子。恋心を「雀」にたとえるなど可愛らしい乙女っぷりです。
源氏物語ファンで、「光る君」を待ち焦がれている時子が、清盛への「光らない君!」って言う場面で我が家爆笑でしたw 、まあ、第一印象がお腹壊して竹やぶに駆け込む清盛ですからね!これはひどい!(褒めてる) しかし、竹やぶでOPPで雀を逃がした清盛が、時子さんの心の中の雀(=恋心)も解き放ってしまったのですね。

しかし今回の本命ヒロインは、時子の琵琶の師匠・明子さん。下級貴族の娘で、清楚で慎ましい女性ですが、清盛が語る海賊討伐とか唐船の話に目を輝かせるという一面も。
当時の乙女としては時子のように「ヤダーそんな野蛮な話コワーイ(>_<)」っていう反応が恐らく正解なんだろうけど、「それでそれで?(*・∀・)」ってキラキラして聞いてる明子は源氏物語より軍記物の方が好きなのかな。時子はりぼんっ娘で明子はジャンプ読者(妄想)

まあしかし、ジャンプトークだけでは女性の心をつかむことはできないので、当時の人らしく和歌でプロポーズ。清盛たんは和歌ができないので、和歌の達人にして恋愛のエキスパート・義清が代筆します。いいのかそれ。詳しい人によると、使われていた和紙がいいものだったりと、さりげなく平安貴族らしさや平氏の権勢をアピールしている場面だったようです。
しかし義清のロマンティックかつテクニカルな和歌に、テクニカルなお断りの歌を返す明子。返ってきた歌の意味が分からなくてポカンとしたあと、義清の解説で「断られておるではないかあああ!!!!」ってなる清盛かわいかったです(*´∀`)
結局、面と向かって明子にプロポーズする清盛。この場面、精悍で素敵だった。今季最高値の清盛だった。そろそろ顔くらい洗ってもいいんじゃないかね、と思ってますが、まあいいや!

ただ、清盛の結婚と対比する形で、忠盛夫妻に陰が……。夫に望まれて嫁ぐ明子、かたや夫に望まれて嫁いだとはっきり言い切れない母・宗子か……ここへきて宗子さんが揺らいでしまうのは切ないなあ。

義清は今回、清盛の和歌代筆以外にも見せ場が。和歌の才能が崇徳帝に見込まれ、崇徳帝の歌を評する(というのか?)ことに。番組中で出て来た崇徳帝の歌の「引き裂かれた相手」のドラマ的な解釈は鳥羽院という理解でよろしいのでしょうか。鳥羽院にとっては叔父子だけど、崇徳帝はまだ鳥羽院を父だと思って慕っている、と思ってよろしいのでしょうか……(ノ△T) 
義清が自分の思いを汲み取ってくれたことにグッと来た崇徳帝は義清に「次はいつ参る?」って尋ねるわけです。帝だし、好きなときにいつでも呼びつけていい立場だと思うのですが、それを遠慮がちに「次いつ来んの?」ってさあ……長い間苛まれてきた孤独と、それを癒せる相手を見つけた喜び、戸惑いが一気にこう……込み上げてきましたね……可愛かったね……(*´∀`)

一方、今回の女の戦いパート(正直一番ワクワクしました)。なりこさまに姫君誕生です。男児じゃなくて落胆するなりこさまチーム、ほっとする堀河局、そして何の屈託もなく「おめでとー、大変だったでしょ?わたしも上皇様との間に子供5人授かったけど、四男の雅仁のときはね……」と何の屈託もなくお祝いしたりのろけたりしちゃうたまこさま。こわいよう。つか、子ども5人もいるのに溝の埋まらない夫婦……。
そして何をしてもまったくダメージを受けないたまこさまに憎しみを募らせるなりこさま、なんと鳥羽院を押し倒した!ウッヒョオオオ!!(清盛の純愛パートが完全に吹っ飛ばされた) 冒頭で時子が恋心を雀に例えていたけど、なりこさまの心の中にいるのは猛禽ですね間違いなく!(たまこさまはなんかUMA的なもの) 今回一番テンション上がった場面でしたwすみません……

こんなアクの強いエピソードを挟みつつ清盛の純愛が実ったわけですが、次回予告では藤原頼長が登場!またしても純愛の印象をかっさらっていきました。強烈な人物が多いなあ。というわけで、また今度~。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。