--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/03/24

清盛第6話「西海の海賊王」ツイッター感想ログまとめ

放映前から、大規模な海戦ロケが注目されていた(そして「早くも予算を大半消費したらしいぜ」とファンに心配されていた)海賊討伐の本番です。そして、放映前からネタ扱いされていた「俺は海賊王になるぞー!」の回です。いったいどうなる。

今回もついったログを流れに合わせて並べ替える(+ちょっと補足)という簡易仕様です。

序盤早々に予算をつぎ込んだだけあってw海戦の迫力はさすがでしたね!兎丸も雰囲気あってよかった!前日の土スタの加藤さんと同一人物には見えませんでしたw しかし清盛君の後先考えないあたりはなかなか成長しませんなあ……そして盛康の敵討ちに乗り込んでったと思ったら、通憲さんに「宋って実力主義でパラダイスらしいぜ」って言われて行く気になっちゃう清盛君。盛康さんェ……
ところで通憲さんは科挙の平等性をすごく理想的に感じてるみたいですが、科挙に合格できるのは結局、自らは働かなくても生活が保障されていて試験勉強に集中できるセレブ層の子息が多いので、さほど平等なシステムでもないんですよね。というツイートをしたら、「宋を『ニューヨークという理想の町があるらしい……』的な感じでとらえているんじゃないでしょうか」とリプライを頂いてすごく納得しました。
あと、こないだ読んだ河内源氏の本によると、貴族でも「どこの国の国司を任されるかによって実力を測れる」ってあったので、国の中枢にいる公卿たちは一般のイメージほど「バカ貴族の集まり」というわけでもなかったみたいです。考えてみたらそうですよね。

今日のMVPは忠正おじさん。吊るされた清盛を狙う海賊を斬り倒して、清盛に「叔父上…!」って言われた時のドヤ顔がたまりませんでした(*´∀`)前回の喧嘩の分に関してはこれでチャラかなー。今後も清盛との間に衝突はあると思いますが、内心ではまあ認めているという感じであって欲しい。認め合っていても、どうしようもなく対立してしまって保元の乱のほうが悲劇性があって燃えますしね(外道な感想)それはまあ源氏父子も一緒。
あと鱸丸に助けられたあと、一瞬涙を拭う清盛たんかわいいよ……きゅん……

あっ、あと第3話で忠盛父さんに「お前、海賊から民を守ったつもりだったみたいだけど復讐されてるぜ」って鼻っ柱バッキバキにされたエピソードにちょっとフォローが入ってて(鱸丸が三松を案内役に連れてくる場面)和みました。

終盤の、清盛と兎丸の、何か叫びながらの殴り合いはちょっとモゾモゾしました……昔の少年漫画のようで。この大河、随所にそういう感じの場面があって、いい味出してるときもあるのですが。
清盛の「朧月の兎丸なら、餅でもついておれ!」はうまいと思ったw それを受けて、あとで「平氏に命を預けろ」と言われた兎丸が「餅でもつけ言うんか」も良かったです。
あと、放映前からネタ扱いされていた清盛の「俺は海賊王になるぞー」実際に見たら兎丸の「お前ちゃうやろ!」的なツッコミが入ってたw 通憲に続き、二人目のツッコミをゲットした!

さて、今回の宮中パート。義清と堀河局いつの間にか出来上がってた。宮中パートの「女性の髪が乱れている」という記号のエロさたまらん……。その前の、勝ち誇ったように「ややができました」という得子に対し、普通に「おつとめご苦労様でございます」って言うたまこさまの場面もたまらんかった(怖くて)。たまこさまにとってはまだ「おつとめ」なんですね。鳥羽院カワイソス……

さて(私的には本題)源氏御曹司主従東国下り。熱田なう!

熱田大宮司のピンチを颯爽と救う義朝さまカッコいいよ(*´∀`)そして、正清に紹介されるときの義朝さまのドヤ顔かわいいよ(*´∀`)
由良たんを紹介されたときのごく短い間の義朝さまの表情もいい。みとれてるよね。こんな綺麗な女の子間近で見たことないもんね、清盛とばっか遊んでたから。かーらーのー「なんだ源氏なの」でカチンとくる表情がさらに引き立ちますね(*´∀`)
このあとの「おい、そこの醜い女!」で、ツイッター上のたまきファンの熱狂がピークに達してたので(みんなドドMだなあ←褒め言葉)歴史考証の先生が「こんなこと言っても女性にもてるなんて玉木義朝にくらしい」的なこと言ってて笑いましたw あと「そっか合コンで『おい、醜い女』とか言えば女は寄ってくるぜ」的なツイートしてる人がいましたけど、言うまでもなくただしイケメンに限るですのでご了承ください

しばらく熱田に滞在して盗賊ハンティングしたり由良たんと喧嘩したり正清にからかわれて「あんな奴全然興味ねーし!」とかやってたんじゃないかしらね(由良たんも父親とか侍女とかと似たようなやりとりをしてる)……というところまで妄想して終わりにしとうございます。次は清盛のプロポーズ!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。