--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/08/01

『亡国のイージス』観ました

公開直前になって、原作を再度みっちり読み込んでしまったので
2時間ちょっとの映画では物足りなく感じた部分が結構ありました。
もう少し長くして、事件に至る前の人間関係を描き込んでほしかったかなー、とか。
まあ、これはある程度仕方がないですね。

各所の思惑が二重三重に錯綜する物語を、「テロリストにのっとられた護衛艦を奪還する」
という一点に絞り込んだのは良かったと思います。
ハリウッドからリメイクオファーが来そうな、スピード感のある物語でした。
(舞台をハリウッドに移してしまうと、物語そのものの意味があまりなくなるけどな……)

真田広之&勝地涼コンビもとっても良かった!
緊迫感と微笑ましさが同居していました。ブラボー。

個人的には「後ろ手に縛られたまま、混乱に乗じて敵の手中から脱出する如月行」が
ちゃんと再現されてたので満足デス。勝地くん良く頑張った!

あと、原作未読・映画未鑑賞の友人に、劇場にあった『イージス』のリーフレットを
見せたところ、ものすごい興奮されました。彼女は船が大好きなのです。
ついでに私よりは軍事関係の知識もあります。

「わー、ハープーンだ!イージス艦って言えばハープーンだよね!!」

知らねえよ!

ハープーンに魅せられた友が、この映画を見て『イージス』原作に興味を持ってくれることを
願ってやみません。ハープーンはメインじゃないけど。
一緒に如月くんにときめきましょう、友よ!(そこかよ!)

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。