--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/11/17

『ゼロの焦点』見てきました

公開初日に行ってきました!
原作は随分前に読んでいました。「暗い気持ちになりたい」という
わけのわからない理由で買ったのですが、思惑通り暗い気持ちになり
それ以来読んでいない本です。面白かったんですけどね。
読んでいてあれほど暗い気持ちになった本は、近年ではアル戦の最新刊くらいです。
松本清張の本はまだこれしか読んでいません。

ちなみに今年の夏以降に見た映画は
MW(5回)→山形スクリーム→宇宙へ。→私の中のあなた→カムイ外伝
です。映画はわりと雑食です。
カムイ外伝は、一緒に行った原作ファンの友達が
「カムイそのものだー!」ってめちゃめちゃ喜んでました。

さて、『ゼロの焦点』の話。面白かったです!
小説の印象が「なんとなく灰色っぽい」だったのですが、映像になると
昭和のくすんだ色合いもありながら、なんだか華やかな感じがしました。
俳優陣の力でしょうかね。女優3人が本当に素晴らしかったです!
特に、中谷美紀の圧倒的な美貌と存在感!どの瞬間も美しかったです。大好き。
この人クラシカルな装いが似合うよなー。
主演の広末涼子もよかったです。中谷美紀のような力強さはなくとも、
真相を追い求めて必死に立ち向かう姿が印象的でした。好きになった。
あと、木村多江。この人いつも幸薄そうな役で出てるなーという印象なのですが
今回もものすごく幸薄かった……。たまには幸せな役で出て欲しい。
でも似合いますね。健気な女性でした。



犯人である中谷美紀が見せる表情は本当に「鬼気迫る」といった感じで
恐ろしいやら悲しいやら、という印象なのですが、
真相を追い求める側の広末涼子も、終盤近くでそれに近い表情を
見せる場面がありました。それが怖かったな。
探偵役の人間も、状況が変われば犯人になりうる、という印象。
こういう話になるのは、犯人も探偵役も女性だからなのでしょうかね。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。