--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/08/07

『ただ、君を愛してる』と『KIDS』を見ました

それぞれにとても面白かったんだけど、感想を言おうとすると
「あおいちゃん超可愛い」とか「徹平超可愛い」とかに
集約されてしまう。駄目だこりゃ。とにかく可愛かったんですよ!



『ただ、君を愛してる』

静流(あおいちゃん)が誠人(宏)を振り回しているようで
実はドンカン誠人に傷つけられている話です。せつない。
(またざっくりした説明)

しかし静流の可愛らしいことといったら!小動物のようです。
連れて歩きたい。ドーナツビスケット買ってあげたい。
横断歩道一緒に渡ってあげたい。
こりゃ誠人でなくても可愛がるだろう。
着ている服がこれまたたまらなく可愛かったです。
ハチクロのはぐちゃんぽい感じ。

『恋愛写真』のアナザーストーリーとかそういう位置づけの
お話なんですよね。『恋愛写真』見たことないのですが。
というか、好きな俳優が出てても、普段あまり恋愛映画って
見ないんですが、今回は見てみたい気分でした。いい機会かも。

静流が、誠人の使っている傷薬を見つけて
「男の子だもん、そういうの必要なときもあるよね」
「えっ……な、何と勘違いしてるの?」
っていうやりとりの場面がよかったです。ビックリ顔かわいいよ誠人。

前売券についていたという静流アルバムが超欲しいです(笑)
NY個展の場面に使ってた、誠人を撮った写真ですよね。
あれはいい写真だった!一枚一枚凝視しました。静流は間違いなく天才。
クライマックスの場面で何を見ていたんだ。



『KIDS』

他人の傷を自分の身体に移すことのできるアサト(徹平)と、
前科持ちで荒っぽいけど、何かとアサトの世話を焼くタケオ(宏)と
マスクで顔を隠しているバーガーショップの店員シホ(栗山千明)のお話。
三人ともかわいいです。お前ストーリーを説明する気あるのか。

クライマックスのタケオの台詞「お前一人くらい俺が支えてやる!」に
じわっと来た。よかったね……!

あと、泉谷しげるがステキなオッサンでした。いい映画だ。(総括)



以下は『ただ、君を愛してる』のネタバレをちょっぴり含む話です。


予告編とかも全然見たことがなく、「恋愛もの」以外の情報が
まったくない状態で見たので、留守電の場面で本当にびっくりしました。
えっ……再会できるものだとばかり思ってた……みたいな……。
あとでDVDについてた予告編見たら、うっすら想像はつく感じでしたが。

NYで誠人が見た静流の撮った写真が、どれも笑顔の写真ばかりというのが
かえって切ない。幸せだったんだろうなあ。短いけど。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。