--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/08/03

『白夜行』読みました

借りてきたDVD『変身』の原作が東野圭吾ってことで思い出した。

何年も前から母に薦められていた『白夜行』ですが、
今年の4月末ごろにようやく読みました。
ものすごく面白かった!
超大作と言っていいくらいの長さなんですが、夢中になって
あっという間に読み終わってしまいました。

実はドラマやってた当時(ドラマ見ていなかった)、職場の人に
「今やってる白夜行ってドラマあるじゃない?
××××って場面が出てくるんだけど、ああいうのテレビで放送するのは
どうかと思うなー」と話しかけられたのですが、
放送倫理より物語の核心部分をネタバレされたことの方が
はるかにショッキングでした(笑)

けど、核心部分を知っていて読んでも凄かった……!

東野圭吾の文章って癖がなくてすごく読みやすいんですが、
作中の登場人物に対して、ある程度の距離を保って書かれていて
「温度のなさ」を感じるときがあります。
私個人は、東野作品のそういうところがとても好きなのですが、
『白夜行』のように、主人公二人の主観を書かず
周囲の人の視点から描いていくという手法だと、
その冷徹さが際立つような感じがします。

さて、原作も読み終わったことだし、ドラマも見るかな。
映画『MW』の賀来神父のキャスティングの決め手はこのドラマだったそうなので
これは見てみなければ!と思った次第です。
終始つらそうな表情だったかわいそうな賀来神父のルーツを辿りたい。

あ、そういえば『変身』の原作は読んでないな。
これはDVDみてからにしよう。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。