--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/16

レッドクリフ見ました

田中芳樹・CLAMPとともに私の中学時代を輝かせたTMNのメンバーだった
(あれ、再結成してたんだっけ?)TKが逮捕されたりショックなことは色々ありましたが
とりあえず元気です。

というわけで(どういう前振りだ)映画『レッドクリフ』見てみました!
三国志マニアの友達と、ゲームやドラマなどで多少詳しい友達と、
人物名くらいしか知らない私と、三国志に全然触れたことがない友達の
女性4人で行ったのですが、結論から言うと全員が楽しめる映画でした!
冒頭に三国志の時代背景説明があったり、要所要所で何回も人物名テロップが
出たりする、すごい親切設計。ありがたい。

以下、ちょいちょいネタバレを含みつつ、個人的な萌えどころ。


孔明が想像以上にハマッてた!アルカイックスマイル素敵。
あと、私どうやら金城さんの声が好みみたいです。うっとりしました。

蜀チームは、色んなメディアで出てくるビジュアルイメージに近くて分かりやすかった。
特に張飛の俳優さん、アレ横光漫画からそのまま出てきてね?ってくらい
ザ・張飛でした。ゴツかわええなぁ。
あと、趙雲のアクションがすげえカッコよい!趙雲だけで2時間くらいウットリできます。

呉チームも良かった。孫権、なかなか凛々しい顔立ちだと思います。
尚香たんも可愛い。周都督いろいろ超人過ぎて面白カッコイイ。
あと、甘将軍がいい感じでした。キャラクターといい、アクションといい、
異彩を放っている。パート2の活躍も期待したいです。
しかし、呉の人物の中で特筆すべきはやはり小喬さまの美しさですな。
なんたる清らかさ!女神!

曹操はいかにも「the 悪役」って感じですが、堂々たる佇まいでいいですね。
しかしレイキたんカワイソス。

元が娯楽作品なだけあって、八卦の陣の中で、関羽・張飛・趙雲や甘将軍が
それぞれのアクションを披露する場面は、なんか舞台を見ているみたいで
いい意味で芝居めいていました。面白かったです。
しかし、何であそこで周さま飛び込んでいっちゃうんだ。矢を突き刺すシーンは
カッコよかったけど、何も怪我する危険を冒してまでやんなくても。
そこがわからなかったのでした。原作通りの展開なのかな?

パート2も楽しみっす!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。