2006/05/31

NO MUSIC, NO LIFE!

アル戦アニメのサントラを聞きたくなったのですが、CDが行方不明です。
友達に貸したのかうっかり売ってしまったのか、ちょっと記憶がハッキリしないのですが。
うーん、部屋はこの前大掃除したけど見つからなかったしなあ。

仕方がないので、『IMAGE』みたいなコンピレーションアルバムを聞いています。
アル戦サントラがきっかけで、オリエンタルな曲調が大好きになったので
こういうアルバムも結構持ってます。
葉加瀬太郎の曲とかステキですよ。『情熱大陸』大好き!
そういえば葉加瀬さんのコンサートも行ったことあったなあ。楽しかった。

他には、ほぼ毎日『オペラ座の怪人』のサントラ聞いてます。
二枚組の、劇中音楽が全部収録されたもの。
歌の合間の台詞とか、ファントムとラウルの決闘の効果音とか
全部入ってます。これ、映画から映像はずしただけじゃね?みたいな。
ちょっとCDドラマ風ですな。全部英語だけど。

ゴスペラーズの新曲も買いました。爽やかでステキ!
梅雨空もぶっ飛ばせそうな感じですヨ!イヤッホウ!
今年は全国ツアーはしないのかな?ライブ行きたいなー。
スポンサーサイト
2006/05/31

The queen of the circuit


週末のらくがきをアップしてみます。薬師寺ひさびさだー。
F1モナコGPを観戦しながら描きました。
最近見始めたので初心者もいいところですが、F1面白いデス。

ドライバーとレースクイーン、どっちの服にしようか迷ったんですが
涼子様ならやっぱドライバーだろ!参加しちゃうだろ!というわけでこうなりました。
色気のない絵でごめんなさい。エヘ。
2006/05/31

暁と黄昏


殿下とヒルメス様。「王子二人」的な感じで。
的な、というかそのまんまですが。

ザッハーク戦にヒルメス様は絡んでこないのかな?
ミスル国盗り物語も、それはそれで実にワクワクするのですが。
2006/05/24

天体観測


星空の下で寝転がってお喋りする殿下とエステル。のつもり。
状況説明しないと何してんだか分からない絵ですみません。

11巻で再登場したエステル(姓があったので驚いた)ですが、
言葉遣いとか色々と、ほんの少し女の子っぽくなってましたネ。
それはそれで可愛いのですが、陛下には昔の口調のままで接して欲しいなー。
そんで、「ああ変わってないな」てお互い安心するのもつかの間、
別れたときよりぐっと大人っぽく魅力的になった相手の姿に
お互いにドキドキしちゃって、会話が妙にぎこちなかったり、
ちょっとしたことでうろたえちゃったり。
そんな感じの、陛下とエステル19の初恋物語。

今日も絶好調でっす!(妄想が!)
2006/05/23

天命を継ぐ者


もいっちょらくがき。殿下ご出陣。
考えてみたら、殿下とヒルメス様とダリューンとエステルしか描いてないや。

最近、かわいいアジアンアクセサリーを見かけたときに
「これ殿下っぽくね?よくね?」とか思ってしまいます。病んでるよ!
2006/05/23

wandering child


「哀れな子よ、この手を取るがいい。お前に力を授けてやろう」

子ヒルメス様と魔導師。
いつ頃から手を結んでいるのか、原作には描写がなかったと思いますが
魔導師がヒルメスに最初に接触したのは、王宮火災の直後くらいではないかと。
で、復讐心を利用してずっと掌の上で踊らせてきた、と。

いい感じに妄想が膨らんでおります。
2006/05/19

猛虎将軍


人生でこんなに一生懸命ダリューンを描いたの初めてだ。
(クリックすると原寸で出ますよ)

新書版の、パルスちゅーより絹の国の人っぽい長髪ダリューンも
悪くないですが、やっぱり短い髪の方が馴染むなあ。


2006/05/17

アル戦小説「鳥籠」アップ

前の「灯」とほぼ同時進行で書いてた、タハミーネ様の話デスヨ。

しばらくこんな感じで、殿下を愛でまくっていきたいと思います。
原作読み返しながら書いてるので、時間はかかるかと思いますが。すみません。

2006/05/16

アル戦小説「灯」アップ

久々に文章更新しましたー。初アル戦!
なんかこう、サイトはじめたときの緊張が甦ってくるような。
そんな初々しい気持ちです(自分で言うな)

タハミーネ様の話書いてる、と以前ここで書きましたが
初アップはダリューンの話になりました。

楽しんでいただければ幸いです。
2006/05/02

サイト名変更その他

改装完了しました!
アル戦コンテンツもとりあえずできたー!(小説はまだですが)

というわけで、今後ものんびりとやっていきます。
どうぞよろしくお願いしますー。
2006/05/02

クレオパトラ漫画版連載スタート

先日『姑獲鳥の夏』のDVDを見ました。
榎木津礼次郎様(阿部寛)が、依頼人「久遠寺涼子」の姓を間違えて
「薬師寺さん」と呼ぶ場面で、不覚にも笑ってしまいました。
ありがとう神よ!

漫画版はいよいよ第4作がスタートですね。
原作の描写と違っているところで、萌えたところを中心に
簡単にまとめました。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。